金庫の通販はこちら!メーカー直販のエーコー金庫ダイレクト

ログインカート
0点 \ 0円 カートを見る

2015.10.9

安心・安全な金庫の固定方法をご紹介します!

安心・安全な金庫の固定方法をご紹介します!

金庫に関わる盗難で最も多いのは「扉のこじ開け」であり、これに次いで多く急速に増加しているのが「持ち去り」です。そして持ち去りを防ぐために有効な対策のひとつに金庫の固定があります。
今回は、金庫を固定するための方法について解説します。

金庫を固定する方法って?

金庫を固定するにはいくつかの方法があります。例を挙げると金庫全体をコンクリートで埋設する方法、キャスター(底面に取り付けられている車輪)部分をコンクリートに埋め込む方法、金庫底面と床面とをホールインアンカーで固定する方法、金庫底面と鉄の敷板をボルトで固定する方法などがそれです。

ここでは中でも一般的なものとして、ホールインアンカーで床面と固定する方法と、ボルトで鉄板と固定する方法というふたつの方法をご紹介します。

・ホールインアンカーで床面と固定する方法
ホールインアンカーとは、すでに存在するコンクリートにあとからアンカーボルトを打ち込んで固定する「後打ちアンカー」の一種です。金庫の底面に穴を開けるなどして、アンカーボルトを使って4 箇所以上を床面と固定します。ただし、この方法は床面がコンクリートスラブである必要があります。

ということは、この方法を用いるにはかなり条件が限られていることになります。マンションなどの集合住宅、テナントビルなどではホールインアンカーを利用した施行自体が禁止されていることがあるので要注意です。

・ボルトで鉄板と固定する方法
床面に固定できない場合には、それに代わるものとして重量のある鉄板(ベースボード)に金庫を固定する方法があります。
金庫と鉄板を4 箇所以上ボルトで固定することで、金庫をすぐには持ち運びができないようにします。鉄板は面積は大きいほど有効、できれば部屋のドアより大きな寸法であれば搬出を阻止する効果が期待できます。
この方法はオフィスでも住宅でも、比較的多く利用されています。

360度パノラマビューでショールームをバーチャル体験!!秋葉原ショールームを見学する

金庫の修理!日本全国対応出張修理エーコーメンテナンスショップ。修理ご希望の方はコチラ

鍵を失くした!暗証番号を忘れた!故障して開かない!金庫のトラブルでお困りの方はこちら

知ってトクする金庫豆知識!金庫選びが楽しくなる情報をご紹介します。

ページトップへ

商品のご注文、商品に関するご質問、商品の配送・設置など、お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ 0120-992-695

メールまたはフォームでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちらお見積りフォームはこちら