金庫の通販はこちら!メーカー直販のエーコー金庫ダイレクト

ログインカート
0点 \ 0円 カートを見る
マイナンバー制度開始に向けて、情報漏えい対策の見直ししませんか?実は情報漏えいの約7割は紙媒体です。
2016年1月からマイナンバー制度がスタートし、 国民一人ひとりに個人番号が振られます。社会保障・税金に係る手続き全てに「個人番号」が必要となり、全ての企業が、機密性の高い個人情報を扱います。
今後より一層のセキュリティー強化が企業に求められる時代になります。漏えい媒体で大きな比重を占める紙媒体の物理的対策として、ハイセキュリティな金庫の導入は、最も有効な対策のひとつです。
マイナンバーにおすすめ金庫一覧
漏えい媒体・経路別の漏えい件数
参考:NPO 日本ネットワークセキュリティ協会
「2013年情報セキュリティインシデントに関する調査報告書
~個人情報漏えい編~」
情報漏えい率-紙媒体941件[67.7%]、インターネット126件[9.1%]、電子メール119件[8.6%]、USB等可搬記録媒体108件[7.8%]、PC本体40件[2.9%]、携帯電話・スマートフォン13件[0.9%]、その他33件[2.4%]、不明9件[0.6%]
紙媒体の管理は、リスクを最小限にするという点が重要になる

不正アクセスという見えないリスクや損失を防止するために、操作記録である「解錠履歴」でログを監視し、「アクセス制限」をかけることが必要です。

解錠履歴の
保存

誰(ID)が、いつ(年月日時分)解錠したのか、登録・抹消などの履歴情報を記憶することで、毎日の使用状況を把握するとともに、継続的なチェックがおこなえます。

アクセス
制限

金庫を解錠できる人(ID)を限定することで、セキュリティの向上を図るとともに、不正アクセスの抑止力となります。

利用者を限定してセキュリティ性をアップ!!

本人だけが解錠できるため、不正アクセスが起こらない

顔認証ロック式解錠履歴システム搭載-パソコンで閲覧可能
Mifare対応

高精度・高速処理2.5次元「顔」識別テクノロジー

誤認識率0.0001%。3D認証の正確さと2D認証の
高速処理を兼ね備えた。

認証方式の組合せで5パターンから選択可能

入退室管理で利用しているICカード「Mifare」も対応。
ID番号との組合せでハイセキュリティへと展開。

解錠履歴を最大150,000件記憶する

USBメモリーでデータをパソコンへ移動。
Windowsソフト「ワードパッド」や「メモ帳」で
閲覧、印刷、保存が可能。

CSG-92FID
詳細はコチラ
CSG-92FID 顔認証ロック式耐火金庫(受注生産品)
入退室管理システムと連動可能なロックシステム

内蔵シリンダーを使用すると、さらにセキュリティ性がアップ

ICカードロック式

FeliCa対応
解錠履歴システム搭載-パソコンで閲覧可能
CSG-91CD
詳細はコチラ
CSG-91CD ICカードロック式耐火金庫
ICカードロック式

FeliCa対応
解錠履歴システム搭載-パソコンで閲覧可能
OSD-C
詳細はコチラ
CSG-91CD ICカードロック式耐火金庫

グランドカード(管理者用)

金庫1台に対して、専用グランドカード1枚を付属しています。
履歴情報抽出や、専用アプリケーション起動時の認証などの重要な操作に使用します。

ユーザーカード

FeliCaに対応しているICカード・携帯電話をロックシステムに登録可能です。市販カードを使用したくない方のために、「オリジナルユーザーカード」をご用意しています。

内蔵シリンダー錠

登録のICカードで、いつでも解錠できる反面、使用制限したい時間帯は、内蔵のシリンダー錠を施錠し、キー所有者のみ解錠可能にできます。
主な各社発行の
ICカード
交通乗車券(+電子マネー)
Suica / ICOCA / PASMO / PiTaPa
プリペイド型電子マネーカード
楽天Edy / WAON / nanaco
携帯電話・スマートフォン
FeliCa ICチップ搭載機種

※FeliCaはソニー株式会社の登録商標です。 ※MifareはNXPセミコンダクターズの登録商標です。

ページトップへ

商品のご注文、商品に関するご質問、商品の配送・設置など、お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ 0120-992-695

メールまたはフォームでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちらお見積りフォームはこちら