金庫の通販はこちら!メーカー直販のエーコー金庫ダイレクト

ログインカート
0点 \ 0円 カートを見る

2015.09.18

耐火・防盗金庫の仕組みを徹底検証

耐火・防盗金庫の仕組みを徹底検証

耐火金庫がなぜ驚異的な耐火性能を持っているのか……それを知ることは金庫の仕組みを知ることでもあります。防盗金庫の対破壊性能についても同様です。ここでは金庫の仕組みについてみていきます。

金庫の仕組みを理解しよう

金庫の仕組みというとダイヤル式やテンキー式といった錠前(ロックシステム)のことを思い浮かべるかもしれません。しかし錠前は金庫に備わっている機能の一部分です。金庫そのものの仕組みを知るにはもう少し全体をみる必要があります。

まず、金庫には耐火金庫と防盗金庫の2種類があります。さらに防盗金庫には基本的に耐火性能が備わっています(耐火性能がなくて防盗性能だけを備えている製品は「防盗庫」と呼ばれます)。 そのため、耐火金庫は火災などによる外部の火と熱から収納物を守るための仕組みを備えています。防盗金庫は、耐火性能に加えて、防盗のための仕組みも同時に備えています。

では、具体的にどのようにして耐火性能と防盗性能を実現しているのでしょうか?

耐火金庫の仕組み

知らない人にとっては意外かもしれませんが、金庫は鉄とコンクリートでできています。
歴史を紐解くと、1835年にニューヨークで大火災が起こり、当時普及していた鉄板の間に固い樫板をサンドして作られた金庫のほとんどが焼失しました。それを受けて1843年、ニューイングランドのダニエル・フィッツジェラルドが発明して特許を得たのが、2枚の金属板の間に耐熱性の石膏粉を充填した金庫でした。

現在の耐火金庫も、これに近い仕組みを持っています。また、日本では明治時代に鋼板と鋳物部材を組み合わせたものに耐火材として砂を入れた金庫が製造され、その後、改良が加えられていった経緯があります。

今では、大半の耐火金庫が、中が空洞になったスチール(鋼鉄)のボディーに気泡コンクリートを充填した構造を採用しています。気泡コンクリートは発泡剤を使用することでコンクリート内部に多数の気泡を閉じこめて多孔質化させた耐火材です。
この気泡コンクリートの中には結晶水と自由水という2種類の水分が含まれています。

気泡コンクリートは耐熱性を備えています。さらに火災が起きると水分が気化し、その気化熱によって金庫の内部を冷却するという耐火性能も有しています。また、気化した蒸気は扉の隙間から噴出するように設計されていて、金庫内に炎や煙の侵入してくることも防ぎます。
これが、金庫が火と熱から収納物を守るための仕組みです。最近では磁気メディアなどパソコン関連のバックアップデータ等も収納できるよう、一般的な耐火金庫よりもっと耐火機能を高めた製品も登場しています。

360度パノラマビューでショールームをバーチャル体験!!秋葉原ショールームを見学する

金庫の修理!日本全国対応出張修理エーコーメンテナンスショップ。修理ご希望の方はコチラ

鍵を失くした!暗証番号を忘れた!故障して開かない!金庫のトラブルでお困りの方はこちら

知ってトクする金庫豆知識!金庫選びが楽しくなる情報をご紹介します。

ページトップへ

商品のご注文、商品に関するご質問、商品の配送・設置など、お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ 0120-992-695

メールまたはフォームでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちらお見積りフォームはこちら