新型コロナの影響により、商品の生産・物流に遅延が発生しております。 併せまして、商品のお届けまで通常より日数をいただいております。
お客様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

2015.04.10

なんて言うの?金庫の数え方の単位

なんて言うの?金庫の数え方の単位

「金庫の個数を数えるとき、どんな単位を使えば良いの?」
と困った経験がある人もいるのではないでしょうか。
口に出す時には「一つ」、「一個」などと言ってはいても、いざ請求書や領収書、確定申告書といった書類に書かなければならない時には正しい数え方を知っておく必要があるはずです。
今回は、金庫の数え方の単位について解説します。

台、個、基……そして据

結論から述べると、金庫の数え方に特別な単位はありません。
強いて挙げれば、一台、一個、一基、一据(いちすえ)と数えられることが多いようですが、必ずしもこれらだけが正しいというわけではなく、特に厳格な決まりはないのです。

「台」はパソコンや机、自動車などさまざまなものを数える際に使用されます。「個」はさらに頻繁に使用され、どのようなものに当てはめても間違いではないと言える汎用性の高い表現です。「基」は主に機械や器具、固定した施設などを数えるときに使われます。
金庫に対しては、これらの数え方のどれを使っても間違いではなく、また「据」というあまり聞き慣れない数え方が使用されることもあります。

360度パノラマビューでショールームをバーチャル体験!!秋葉原ショールームを見学する

金庫の修理!日本全国対応出張修理エーコーメンテナンスショップ。修理ご希望の方はコチラ

鍵を失くした!暗証番号を忘れた!故障して開かない!金庫のトラブルでお困りの方はこちら

知ってトクする金庫豆知識

指紋登録・認証スライドのコツ

エーコー金庫の性能

最近チェックした商品

最近チェックした商品はありません